講師紹介

講師 杵屋弥三喜

杵屋 弥三郎派 
長唄協会北海道支部会員
杵屋 弥三喜

 

発表会の様子

発表会の様子

札幌の三味線教室についてのご質問お問い合わせ


体験の様子 小学生

江別市在住の小学6年生です。体験は「とても楽しかった」そうです。

受講の様子 留学生

中国河南省出身で、北海道教育大学札幌校に留学している呉嘉騎(ご かき)さんが2016年9月より当教室札幌校に通っています。動画は11月に撮影した様子です。日本の文化に興味があり中国に帰ったら習った三味線や文化について中国で伝えたいと話しています。札幌欢迎你!

発表会の様子



教室から

生徒の声

三味線の譜には、本調子(縦譜)や文化式(横譜)などいつくかの種類がありますが、私は文化式の譜を使っています。これならリズムを先生に教えてもらい、数字の通りに弾くだけなので、簡単にすぐに弾けるし、気負いなく楽しみ続けていくことが出来ます。 また、私は足に水泡が溜まっていて正座が難しいのですが、普段のレッスンも椅子で出来るので助かっています。孫も三味線に興味を持ってもらえるよう頑張ります。
(受講暦2年大橋さん談)

Page Top